第五話&短編更新

こんばんは!あおのです。
七月に入りましたね! あっついです。今回アップした小説を書いているときは、アイスティーを飲んで、なんとか暑さを紛らわしてました(笑)

さて、第五話では、レイが煙突飛行魔法でたどり着いた『ミラーズ・ベーカリー』でなんやかんやするお話でした。
ミラーズ・ベーカリーは、ロンドンにひっそりとあるパン屋さんで、目立たないけれど、隠れた名店。という設定です。
店主のファーガス・ミラー(Fergus Miller) は、レイのお父さんの学生時代の同級生。
学生時代の二人、どんな感じだったんでしょうね……。
いつかその辺も書きたいな〜。



そして、短編としてアップした『地の果て銀の果て』。
このお話は、随分後に公開するであろう本編中のストーリーに組み込もうと思っていたものだったのですが、まあこの部分だけなら大丈夫かな……と思ったので短編として先に公開しました。

銀色の世界に飛び込んだレイは青い石を追って、とある場所まで一心不乱に歩いて行く……という、めちゃくちゃ不思議で意味不明なお話だったので、これ大丈夫かな?って公開するのを少し戸惑いました(笑)
でも、いつか必ずお話は繋がるので……!!(更新頑張るぞという顔)


ちなみにこのお話、目が覚める部分のところまで一切会話文を入れていないのですが、これ、喋ってないんじゃなくて、喋れないんです。

夢の中って、話したくても話せない……みたいなときってあるじゃないですか。あの現象が、ここで発動しているという設定で書いていました。

洞窟の先には何があったんですかね。きっとまだまだ、レイは気が付かないよ!



今回も読んでくださってありがとうございました!

またの更新をお楽しみに!

広告を非表示にする